X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

再発防止への検討組織を月内設置へ 贈収賄事件受け県競馬組合/岩手

2022年08月02日 18:54

 岩手競馬の広告宣伝業務をめぐる贈収賄事件を受け、県競馬組合は原因究明と再発防止のための検討組織を8月中に設置する方針です。

 これは2日の岩手県議会農林水産委員会で県競馬組合が説明したものです。委員会冒頭では組合と、競馬を所管する県農林水産部の幹部が出席した議員に陳謝しました。
 この事件は7月28日、岩手競馬の広告宣伝などの業務委託をめぐり県競馬組合の業務部長が収賄の疑いで、また広告会社の社長と社員が贈賄の疑いでそれぞれ逮捕されたものです。
 県競馬組合の滝山秀樹副管理者は、部署単位で今回の事件と同様のことがないか点検し、8月中に原因究明と再発防止のための検討組織を立ち上げると述べました。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース