X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

波の風圧利用した発電、実証実験始まる 世界初/岩手・釜石市

2022年07月31日 22:00

 防波堤に設置して波が起こす風圧を利用して発電する世界初のシステムの実証実験が31日、岩手県釜石市で始まりました。

 31日は運転開始式が行われ、釜石市の野田武則市長らがボタンを押してシステムを稼働しました。釜石湾の湾口防波堤の上に設置されたのは、打ち寄せる波が起こす風圧を利用してタービンを回し発電する装置です。釜石の企業4社が実施主体を立ち上げ、2020年から東京大学や県内の企業と開発に取り組んできました。

(マリンエナジー 泉修一社長)
「地域で作ったエネルギー電気を地域で使っていただく。水産業関係、陸上養殖であれ海上養殖であれ使っていければと思っています」

 実験は2023年3月までで、事業化に向けた課題を探ります。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース