X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

労災死傷者775人 前年同期比81人増 新型コロナ感染も増加要因/岩手

2022年07月30日 13:59

 2022年1月から6月末までの労働災害による岩手県内の死傷者は775人で、2021年の同じ時期に比べ増加しています。

 岩手労働局のまとめによりますと、2022年1月から6月末までで県内の全業種における労働災害の死傷者は775人で、2021年の同じ時期に比べ81人増えました。
 増加の要因として、冬場の転倒事故や、新型コロナウイルスの感染経路が職場の場合に労働災害と認定されているケースがあることなどが挙げられています。
 このうち亡くなった人は13人で、2021年の同じ時期より3人増加しています。
 岩手労働局は「これからの時期は熱中症対策としてこまめな休憩と水分補給を」と呼びかけています。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース