X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

花巻東が第1シード 夏の高校野球県大会 組み合わせ決まる/岩手

2022年06月23日 18:54

 7月8日に開幕する夏の高校野球岩手大会の組み合わせ抽選会が23日行われました。3年ぶりに球場での生徒応援、開会式での入場行進も行われます。

 この夏の大会には66校59チームが出場。部員数の少ない12校は5つの連合チームで出場します。
 去年の秋と今年春の県大会を制した花巻東は第1シードから3年ぶりの頂点を目指します。最速149キロの右腕・齋藤響介を擁する盛岡中央の初戦は江南義塾盛岡との私立対決です。春の東北大会に出場した第3シードの久慈は千厩と沿岸連合の勝者と初戦を迎えます。シード校の盛岡四高と専大北上の対戦は1回戦屈指の好カード。去年夏の王者の盛岡大附属は宮古商工と平舘の勝者と対戦します。

(花巻東 田代旭主将)
「昨年の夏、決勝戦でとても悔しい思いをしているので、とにかく目の前の戦いに集中して臨んでいく」

 また開会式の選手宣誓は一関工業の阿部翔悟主将に決まりました。
 夏の高校野球岩手大会は7月8日に開幕し、県営、花巻、金ケ崎町のしんきん森山の3球場で入場制限を設けて開催されます。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース