X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

カーボンオフセットLPガスをホテル・旅館業で県内初導入/岩手・花巻市 

2022年06月23日 15:48

 岩手県花巻市の温泉宿泊施設が二酸化炭素の排出量を実質ゼロにするLPガスを導入しました。持続可能な開発目標=SDGsの趣旨にも基づく社会貢献です。

 二酸化炭素の排出量がゼロに相殺される「カーボンオフセットLPガス」を導入したのは花巻市の志戸平温泉です。23日、ガスの供給を行う業者から志戸平温泉の岩城修平社長に証明書が交付されました。
 カーボンオフセットLPガスとはガスの燃焼に伴う二酸化炭素の排出量と、同じ量の吸収に関わるコストを負担し相殺するものです。志戸平温泉と供給業者によりますとホテル・旅館業では岩手県内で初の導入だという事です。
 岩城社長は「先がけて環境保全に取り組んでいる企業であることをアピールしていきたい」と決意を述べました。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース