X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

岩手選挙区は5人が立候補 参院選公示 選挙戦がスタート

2022年06月22日 18:54

 第26回参議院議員選挙が22日公示されました。岩手選挙区には現職と新人あわせて5人が立候補し、18日間の選挙戦に入りました。

 参院選岩手選挙区に立候補したのは届け出順に自民党・新人の広瀬めぐみ氏(56)、諸派で新人の白鳥顕志氏(51)、立憲民主党の現職、木戸口英司氏(58)、NHK党・新人の松田隆嗣氏(48)、無所属新人の大越裕子氏(58)の5人です。
 午前8時半から盛岡市内で立候補の届け出受付が行われ、届け出順が決まりました。陣営は選挙運動に必要な看板や腕章などいわゆる「選挙の七つ道具」を受け取ると、それぞれの選挙活動に向かいました。
 立候補の受け付けは午後5時で締め切られ、5人による選挙戦がスタートしました。投票は7月10日に行われ、即日開票されます。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース