X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

輸入飼料高騰・国産牛価格低迷~苦悩する畜産農家/岩手・盛岡市

2022年06月21日 18:54

 ウクライナ情勢と円安の影響で、原料を輸入に頼る家畜の飼料の高騰が続いています。畜産の現場ではエサ代の高騰と新型コロナによる需要の低迷がダブルパンチとなっています。

 盛岡市で畜産と稲作を営む農業法人・中村ファームの中村鉄男代表。7月から9月に購入する配合飼料の価格がどうなるのか、今、とても気がかりです。

(中村鉄男さん)
「いくらよ?って聞いたらそれはまだ言えないと」

 中村さんの妻・恵美子さん。中村ファームは肥育用の黒毛和種150頭、短角牛24頭に加え、45頭の繁殖牛を飼育する農業法人で、1日2トン近い配合飼料を使用します。

(中村さんの妻・恵美子さん)
「(肥育の方が量も沢山食べる?)そうそう。だから、いちいち(スコップで)やっていたら腱鞘炎になっちゃう」

 取引業者との間で3か月ごとに決められる飼料の購入価格は、この1年間ですでに1トンあたり1万円以上の値上がりとなっていて、5月のエサ代は320万円にのぼりました。
 南米産トウモロコシの不作予測と原油高騰による海上運賃の上昇に加え、ウクライナ情勢による世界的な供給不安と急激な円安。様々な要因が絡み、輸入飼料の価格高騰は今後も続くことが見込まれています。

 牛の飼育にはトウモロコシや油を搾った後の大豆のかすなどを配合した濃厚飼料と、乾燥させた牧草や稲わらといった粗飼料の両方を与えます。
 中村ファームでは牧草と飼料用米を完全自給することでエサの価格変動の影響を少しでも抑えようと努力しています。それでも上がり続ける配合飼料の価格はボディーブローのように経営を圧迫しています。それに加えて…

(中村鉄男さん)
「肉の値段は下がりました。コロナになってからキロ単価250円くらい下がってるんで500キロだと一頭あたり12万5000円くらいの下落になっています。ダブルですね」

 間もなく示される予定の7月から9月の配合飼料価格に注目しながら、国内の需要回復に望みをつなぎます。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース