X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

三陸鉄道昨年度決算 経常損失6億9000万円 過去最大の赤字に/岩手

2022年06月21日 11:58

 三陸鉄道は20日株主総会を開き、昨年度の決算などが承認されました。経常損失6億9000万円あまりで、過去最大の赤字幅となりました。

 三陸鉄道の昨年度の決算は、定期券の利用減少が続くものの地元の個人や団体の利用が伸び、営業収益は前年度より3.9%増の3億8690万円あまりでした。
 一方、営業費用は燃料費の高騰が響き、12.1%増のおよそ11億300万円でした。このため開業以来最大となる6億9000万円あまりの経常損失となりました。
 沿線市町村からの補助など特別利益を加えた当期純損益は450万円のマイナスで、3年ぶりの赤字となりました。
 三陸鉄道は、円安や燃料価格を注視しつつ、利用の掘り起こしをして経営安定化に取り組む考えです。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース