X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

最大クラスの津波浸水想定 釜石でも住民説明会始まる/岩手

2022年06月18日 22:00

 岩手県が3月に公表した最大クラスの津波浸水想定に関する住民説明会が18日、釜石市でも始まりました。

 初日の説明会は甲子町など3つの地区の住民が対象で約30人が出席しました。県が公表した最大クラスの津波浸水想定によりますと、釜石市では、防潮堤が壊れるなど悪条件が重なった場合、東日本大震災を上回る範囲が津波で浸水する恐れがあります。特に震災では浸水しなかった内陸部の中妻町や上中島町などは、場所によって最大で5メートル浸水すると想定されていて、住民からは避難場所の見直しを求める意見などが出されました。釜石市の住民説明会は7月23日までに市内3か所で行われます。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース