X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

水資源の保護とCO2削減めざす 信金職員が森林にクヌギ植樹/岩手・紫波町

2022年06月18日 17:55

 盛岡市に本店のある信用金庫の職員が18日、岩手県紫波町の森林で植樹活動を行いました。

 これは森を守ることで水資源の保護と二酸化炭素の排出抑制につなげようと、盛岡信用金庫がSDGsの取り組みの一つとして毎年行っているものです。18日は職員21人が紫波町小屋敷にある「令和の森」を訪れました。参加者はここ2年で植えたクヌギの生育を進めるため周辺の草刈りをした後、高さ1メートルあまりあるクヌギの木を5本植樹しました。盛岡信用金庫によりますと、これまでの活動で整備された森林はおよそ5.6ヘクタールに及んでいて、今後も関係者と連携し取り組みを続けていくということです。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース