X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

大谷翔平選手のふるさとにすっかり定着 「17」日は「大谷デー」/岩手・奥州市

2022年06月17日 18:54

 17日は、背番号にちなんでふるさと岩手県奥州市が設けた「大谷デー」です。市の職員がお揃いのTシャツを着てエールを送りました。

 毎月17日と開幕など節目の日に設けている「大谷デー」。奥州市職員の真っ赤なTシャツ姿もすっかり定着しました。

(奥州市職員)
「Tシャツを着ると大谷翔平選手の元気をもらって仕事ができる」
「投手でももちろん三振を奪って欲しいし、バッターとしてもホームランを打って活躍して欲しい」

 大谷選手への応援をと、市の職員がポスターに装飾を加えているところにやってきたのは…

 Tシャツを着た市民!大谷デーは一般市民にも浸透しています。

(市民)
「きょう初めて着るの。きょうは大谷の日だから着て(市役所に)行こうと思って。打って当たり前、去年はできすぎ、今年はがんばる、まだ長いから、とにかくがんばる」

 更なる飛躍を祈って。ふるさとの大谷フィーバーはとどまることを知りません。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース