X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

「みちのく潮風」「岩手山~八幡平~安比高原」も 日本最長のロングトレイル整備へ

2022年06月17日 11:58

 「歩く旅」を楽しむための道、ロングトレイルをより魅力あるものにしていこうと、16日、新たな取り組みが提案されました。

 16日、東京でNPO法人日本ロングトレイル協会の中村達代表理事が新規事業「JAPAN TRAIL構想」について発表し、北海道から沖縄までおよそ1万キロにわたる日本最長のロングトレイルの整備を発表しました。
 ロングトレイルには登山道だけでなく自然散策路やあぜ道、車道などが含まれ、岩手県内には沿岸市町村を通る「みちのく潮風トレイル」と「岩手山・八幡平・安比高原50kmトレイル」の2か所のコースがあります。
 事業に賛同する安藤スポーツ・食文化振興財団の安藤宏基理事長も「歩いて良かった、と幸せを感じてもらえるようこの構想を支えていきたい」と話しました。
 18日は「みちのく潮風トレイル」のルートの一つ、岩手県陸前高田市で震災遺構などを歩いて巡るイベントが予定されています。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース