X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

クマに襲われる被害相次ぐ 北上市で70代女性、八幡平市で70代男性がけが/岩手

2022年06月16日 18:54

 16日午前、岩手県北上市の市道で散歩中の70代の女性がクマに襲われ、けがをしました。また岩手県八幡平市の山林でも作業中の70代男性がクマに襲われてけがをしました。

 警察と消防によりますと16日午前9時半頃、北上市和賀町の市道で散歩中だった無職・齊藤ユウ子さん(73)が背後からクマに襲われ、けがをしました。
 近くの住民が出血し、うずくまっている齊藤さんを発見して消防に通報したもので、齊藤さんは顔の左側と右腕にけがをし、病院に運ばれましたが命に別状はありません。
 また16日午前10時半頃、八幡平市黒沢の山林で二戸市浄法寺町の会社役員・姉帶重樹さん(74)がクマに右手などをかまれけがをしました。
 姉帶さんは山林の調査のため2人で作業をしていたところ、クマに襲われたとみられています。命に別状はありません。
 県内ではクマによる人的被害が相次いでいて、今年1月から16日までに11人が被害にあっています。去年の同じ時期に比べ7人多くなっています。県は6月1日、全域にツキノワグマの出没に関する注意報を発表し、鈴やラジオなど音の出るものを持ち歩くことや複数人で行動することなど、対策を呼びかけています。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース