X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

労働相談447件、前年度から41件増 最多は「パワハラ・嫌がらせ」/岩手

2022年05月09日 15:50

 岩手県労働委員会が2021年度受け付けた労働相談は447件で、前の年度と比べて41件増加しました。相談内容で最も多かったのは「パワハラ・嫌がらせ」でした。

 県労働委員会によりますと、2021年度受け付けた労働相談は447件で、前の年度と比べて10.1%、41件増えました。相談内容は「パワハラ・嫌がらせ」の115件が最も多く、前年度に比べ39件増えていて、「新型コロナウイルスに感染した社員に対する上司の乱暴な発言がある」や「パワハラで退職者が相次ぎ負担が大きくなっている」などといった相談が寄せられました。このほか「賃金・手当」が88件、「退職」が67件となっています。県労働委員会の労働相談は電話0120-610-797で平日の午前8時半から午後5時15分まで受け付けています。
動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース