X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

夕方にかけ内陸中心に大雪に注意/岩手

2022年01月13日 11:58

 岩手県内は強い冬型の気圧配置の影響で13日夕方にかけて内陸中心に大雪に注意が必要です。

 岩手県内は14日にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みです。交通機関に影響が出ています。大雪や強風の影響でJRは花輪線や釜石線、山田線・北上線、そして東北本線の一部列車に運休や遅れが出ています。県のまとめでは強風の影響で昨夜、釜石市と宮古市の住宅合わせて2棟で屋根がはがれる被害があったほか、倒木などのため沿岸と内陸の一部では停電が発生しました。気象台によりますと12日午後3時すぎ、釜石では最大瞬間風速27.3メートルを観測しました。また13日夕方にかけて予想される雪の量は内陸山沿いで25センチ、内陸の平野部では15センチです。気象台は引き続き大雪による交通障害や電線・樹木への着雪、なだれに注意するよう呼び掛けています。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース