X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

新型コロナ対策に活用を 金融機関が県に寄付/岩手

2022年01月12日 15:48

 岩手県の新型コロナウイルス対策に役立ててもらおうと、県内の金融機関が12日寄付金を贈りました。

 贈呈式は県庁で行われ、盛岡信用金庫の浅沼晃理事長が達増知事に100万円の目録を手渡しました。盛岡信用金庫は地域を支える取り組みを行うSDGsの一環として去年6月から8月までキャンペーンを展開し、定期預金の総額が目標の20億円に達したことから県の新型コロナ対策に役立ててもらおうと寄付したものです。

(盛岡信用金庫 浅沼晃理事長)
「創業以来、地域のため世の中のためという理念でやっている。そういう思いで寄付をさせていただいた」

 達増知事は「感染拡大防止と社会経済活動の両立に役立てていきます」と感謝の言葉を述べました。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース