X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

内陸中心に雪 交通機関に影響/岩手

2022年01月12日 11:58

 急速に発達する低気圧の影響で12日の岩手県内は内陸を中心に雪となり、交通機関にも影響が出ています。

 岩手県内の午前8時の積雪は西和賀町の湯田で109センチ、一関市の祭畤で92センチ、一戸町の奥中山で65センチなどとなっています。
 28センチの積雪を観測した盛岡市内は小雪が舞い、時おり強い風が吹くなか職場や学校に向かう人の姿がありました。雪や風による交通機関への影響が出ています。JRは大雪のため、県内の在来線で終日区間運休となる路線があるほか一部列車に遅れが発生しています。三陸鉄道のリアス線も強風の影響で一部の列車に遅れが出ています。いわて花巻空港発着の空の便は午前10時現在でJALとFDA合わせて9便の欠航が決まっています。
 盛岡地方気象台によりますと内陸の暴風雪は13日以降も続く見込みです。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース