X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

震災10年10か月 「小友地蔵尊」で月命日の法要/岩手・陸前高田市

2022年01月11日 15:48

 東日本大震災の発生から11日で10年10か月です。岩手県陸前高田市では月命日にあわせて震災犠牲者を供養する法要が営まれました。

 法要が行われたのは陸前高田市小友町の「小友地蔵尊」です。11日は平泉町の中尊寺金剛院から破石澄元住職が訪れ、震災の津波で犠牲になった人たちへ祈りを捧げました。法要は毎月11日に行われていて、冬場は地域の人たちが地蔵に手編みの帽子や服を施して犠牲者を悼んでいます。

「身内の者が亡くなってるので供養を続けたいなと思って毎月来ています」

 岩手県によりますと先月末現在、県内では震災で5144人が犠牲になり、いまだ1110人の行方が分かっていません。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース