X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

リサイクルボックスの効果検証へ回収作業 プラごみ削減の取り組み/岩手・盛岡市

2022年01月11日 15:48

 プラスチックごみの削減を目的に盛岡市内に設置されたリサイクルボックスの効果を検証するため、11日、ごみの回収調査が行われました。

 リサイクルボックスによる調査は海洋ごみの削減に取り組む日本財団が推進するプロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」の一環で行われたものです。12月28日に岩手県の3R推進キャラクター、「エコロル」の人形があしらわれたリサイクルボックスを盛岡市内に設置していて、11日はみちのくコカ・コーラボトリングの協力のもと、ボックスの設置前後で捨てられるごみの種類に変化があるかを調べるため、スタッフがごみを回収しました。ごみを調べた結果、ペットボトルやカンのほかに依然としてティッシュペーパーやたばこの吸い殻、紙コップなどの家庭ごみが多く捨てられていることがわかりました。
 ごみの回収は13日まで行われ、調査結果は1月中をめどにまとめられます。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース