X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

去年のサンマ水揚げ量 3年連続最低/岩手

2022年01月08日 11:58

 記録的な不漁が続いています。去年のサンマの水揚げ量は県全体で2852トンと、3年連続で過去最低を更新しました。

 これは全国さんま棒受網漁業協同組合が7日発表したものです。それによりますと、去年12月末現在、県内のサンマの水揚げ量は2852トンとおととしの7512トンに比べ4割程度にとどまりました。これは平成以降で最低の水揚げ量です。
 港別では本州一の水揚げを誇る大船渡が2471トンで前の年に比べて4割程、釜石も255トンで前年の3割程度、宮古は126トンで前の年に比べ3割弱と軒並み不漁となりました。全国の水揚げ量も1万8291トンで過去最低となったおととしを大きく下回り、記録的な不漁となりました。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース