X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

民宿として営業 「及川家住宅主屋」が国登録有形文化財に/岩手・遠野市

2021年11月23日 11:58

 岩手県遠野市内の旧城下町にある大型の町家の一つ「及川家住宅主屋」が、新たに国の有形文化財に登録されることになりました。

 「登録有形文化財」は貴重な建造物を守るため、歴史的景観に優れた築50年以上の建造物を対象に国が登録するものです。「及川家住宅」は遠野市の旧城下町にあたる市内中心部西側に位置し、1888年に建てられました。1979年からは風情を生かした民宿を営んでいます。主屋は2階建てで、1階中央にある敷地奥へ抜ける中路地やいろりがある吹き抜けの居間など北国らしい町家のつくりが、遠野の歴史的な景観を構成する貴重な建物として今回、認められました。
 岩手県内の登録有形文化財はこれで95件となります。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース