X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

「まだ早いので」大谷翔平選手 国民栄誉賞を辞退

2021年11月22日 18:54

 メジャーリーグのア・リーグMVPに輝いた岩手県奥州市出身の大谷翔平選手が、政府から国民栄誉賞を打診されたものの、辞退していたことがわかりました。

(松野博一官房長官)
「賞の授与について大谷選手側に打診したところ、まだ早いので今回は辞退させていただきたいとのことでありました」

 松野官房長官は22日の記者会見で、エンゼルスの大谷翔平選手が政府が打診した国民栄誉賞について辞退する考えを示したことを明らかにしました。大谷選手に打診した理由について、松野官房長官は「国民栄誉賞に値する大変な活躍であり、政府として祝意を表したい」と述べ、大谷選手が辞退したことについては「更なる高みに向けて精進に集中するという強い気持ちと受け止めている」と話しました。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース