X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

寒暖差が甘み引き出す~出荷スタート 寒じめほうれんそうをPR/岩手・盛岡市

2021年11月22日 18:54

 寒さが甘味を育む野菜の販売開始です。JA新いわてが22日、出荷が始まったばかりの寒じめほうれんそうの販売会を盛岡で行いました。

 22日は今シーズンの販売開始を記念して生産者などが盛岡市内にあるJAいわてグループのアンテナショップで買い物客に美味しさをPRしました。寒じめほうれんそうは一日の寒暖差が生む糖度の高さが特徴で、糖度8度以上になったことを確認して出荷されます。目を守る成分「ルテイン」が含まれることから、久慈市と八幡平市で生産される寒じめほうれんそうは消費者庁が機能性表示食品として認めました。去年はコロナ禍で単価が下がってしまいましたがJA新いわては販売先を集中するなど対策をして売り上げ増加を目指しています。寒じめほうれんそうの出荷は来年2月いっぱいまで続き、県内や関東地方を中心に販売されます。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース