X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

スキー・ジャンプW杯初戦 陵侑2位表彰台でさい先良いスタート

2021年11月21日 18:00

岩手県八幡平市出身でスキー・ジャンプ日本のエース、小林陵侑はワールドカップ初戦で2位となり表彰台発進です。

ロシアで日本時間の21日未明に行われた、スキー・ジャンプ男子ワールドカップ個人初戦。舞台はヒルサイズ134メートルのラージヒルです。

小林は1本目に128メートルをマークし3位につけます。

そして2回目は風が味方につきました。向かい風の中で飛距離を伸ばし、ヒルサイズに迫る131メートルを飛んで2位となり、オリンピックシーズンのワールドカップ初戦で、さい先よく表彰台に立ちました。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース