X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

特別支援学校生がイモ掘りに挑戦 農福連携の取り組み/岩手・盛岡市

2021年10月13日 18:54

 農業と福祉を結びつける農福連携の取り組みです。盛岡で障がいのある子どもたちが自分たちで育てたサツマイモのイモ掘りに挑戦しました。

 イモ掘りを行ったのは盛岡市内の特別支援学校に通う子どもたち4人です。4人は放課後を過ごす市内のデイサービス施設「いくはぴ」を利用していて、13日は施設の畑で栽培したサツマイモを収穫しました。「いくはぴ」では農作業を通じて障がいのある子どもたちに生きがいを見つけてもらい社会参加を促す農福連携に取り組んでいます。このサツマイモも自分たちで水やりや草取りをして育ててきたものです。子どもたちは途中で折れないよう、丁寧に掘り、太いサツマイモがとれるとうれしそうに声を上げていました。
 13日収穫したおよそ30本のサツマイモは自宅に持ち帰ったり施設の昼食メニューの材料に使ったりして味わうことにしています。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース