X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

今年1月から8月の労災事故 死者が大幅増加/岩手

2021年10月12日 15:29

 今年1月から8月までの労働災害による岩手県内の死傷者は894人でした。このうち亡くなった人は13人で、去年の同じ時期に比べ2倍に増えていることがわかりました。

 岩手労働局によりますと、今年1月から8月にかけて県内の労働災害による死傷者は894人で去年の同じ時期に比べ、121人増えました。業種別では製造業が199人と最も多く、次いで建設業が150人となっています。亡くなった人は13人で、去年の同じ時期の7人に比べておよそ2倍だったことがわかりました。このうち、建設業が6人と最も多く、建設現場での墜落や転落により亡くなっています。岩手労働局は「墜落防止用の器具やヘルメットを使用していないケースが多くみられた。基本的対策の徹底をしてほしい」と呼びかけています。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース