X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

震災10年7か月 普代村で不明者捜索/岩手

2021年10月11日 15:48

 東日本大震災の発生から11日で10年7か月です。岩手県普代村の海岸で震災行方不明者の捜索活動が行われました。

 普代村の普代浜で行われた捜索は、開始に先立って久慈警察署の署員9人が海に向かって黙祷を捧げました。久慈署管内では今も3人の行方が分かっておらず、署員たちは雨の中、道具で砂浜をかきわけながら行方不明者の手がかりを探していました。捜索活動には祖父母が陸前高田市で被災したという新任の署員も参加していました。

 (久慈警察署地域課 井上智貴巡査)
「行方不明の方や関係者の方々に寄り添う心を持って臨むことが大切だと思っているので、全力で今回も捜索に励みたいと思います」

 東日本大震災により県内では先月末現在で1111人の行方が依然分かっていません。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース