X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

4~9月 県内の倒産件数過去最少/岩手

2021年10月08日 15:50

今年4月から9月までの岩手県内の倒産件数は10件で、集計を始めて以降、1990年と並んで最も少なくなりました。

東京商工リサーチ盛岡支店によりますと、今年4月から9月までの県内の倒産件数は去年の同じ時期より9件少ない10件で、負債総額は38億4200万円少ない5億9300万円でした。

倒産件数は1966年に集計を始めて以降、1990年と並んで過去最少となりました。

産業別では「サービス業他」が6件と最も多く、県の緊急事態宣言が出され外出自粛が呼びかけられたことで、対面営業が難しくなったことが倒産の要因とみられます。

東京商工リサーチ盛岡支店は「新型コロナウイルスの経済支援の効果で倒産件数は少なくなっているが、支援効果の息切れが懸念されており、今後も注視が必要」と指摘しています。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース