X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

大船渡の中学生が育てたワカメの販売 総合学習で体験/岩手・盛岡市

2021年10月07日 15:48

 岩手県大船渡市の中学生が去年から総合学習の一環で育ててきた自慢のワカメを盛岡で販売しました。

 販売に挑戦したのは大船渡市立末崎中学校の2年生です。7日は盛岡市内の2か所で販売会を行いました。末崎中学校は地域を支える漁業への理解を深めることを目的に1年生から総合学習の一環でワカメの養殖に取り組んでいます。販売したワカメも去年の12月に種付けし今年3月に生徒が刈り取ったものです。7日は「ふれあいワカメ」と名づけられた塩蔵ワカメを2か所の会場合わせておよそ860袋販売しました。この販売会を楽しみにしていた客が次々と訪れる中、生徒たちは懸命に接客をしていました。ふれあいワカメの売り上げは来年度の活動費に充てられます。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース