X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

サンマ 大船渡に今季3度目の水揚げ/岩手

2021年09月10日 15:45

 岩手県大船渡市の魚市場に10日、サンマが水揚げされました。今シーズン3度目で、量は少ないものの形が良く水産関係者は今後に期待を寄せています。

 大船渡市魚市場前に10日朝に入港したのは、地元の水産会社・鎌田水産の大型サンマ漁船第11三笠丸です。北太平洋の公海上で獲れたサンマおよそ7トンを水揚げしました。午前中には大型サンマ漁船がもう1隻入港していて、10日の水揚げはあわせて14.5トンとなりました。水揚げ量は少ないものの1匹あたり120グラム前後の形の良いサンマが多く、水産関係者は安堵していました。今シーズン、大船渡市魚市場へのサンマの水揚げ量は累計でおよそ60トン。極端な不漁となった去年とおととしに比べると持ち直していますが、関係者によると漁場が遠く魚の密度も薄いということで当面は厳しい状況が続きそうです。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース