X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

療養中の高校生がビッグブルズに入団 プロとの練習励みに/岩手

2021年09月08日 11:58

 バスケットボールB3リーグの岩手ビッグブルズに病気療養中の高校生が入団することになり、7日盛岡で入団式が行われました。

 新たにビッグブルズに入団したのは大迫高校3年の幅下天悟さん(花巻市)です。小学2年生でバスケットボールを始めた幅下さんは中学1年生のときに急性骨髄性白血病と診断され、現在も治療を行っています。長期療養中の子どものチャレンジを応援する東京のNPO法人「Being ALIVE Japan」を通じて今回入団が決まりました。
 幅下さんは7日、契約書にサインし、キャプテンの伊藤良太選手からユニフォームが贈られました。背番号は24です。

(幅下天悟さん)
「元NBA選手でレイカーズのコービー・ブライアントが好きでこの背番号を選びました。プロの選手たちと一緒にバスケットができることが楽しみです」

 幅下さんとビッグブルズの契約は来シーズン終了後の来年5月までで、今月12日からさっそくチームの練習に参加します。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース