X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

お盆期間の東北新幹線 過去2番目に予約少なく 新型コロナ影響

2021年07月21日 12:00

 JR東日本はお盆期間中の東北新幹線の予約状況を発表しました。新型コロナウイルスの影響で去年に次いで過去2番目に少ない予約数となっています。

 JR東日本によりますと来月6日から17日までのお盆期間中の指定席の予約状況は、今月19日時点で予約可能な座席数62万9000席に対して10万席の予約が完了しています。
 去年の同じ時期に比べおよそ4割増えていますが、コロナ禍前のおととしに比べると7割以上減少しています。これは予約データを取り始めた1994年以降、お盆期間中としては去年に次いで過去2番目の少なさとなりました。予約のピークは下りが来月7日で、上りは来月15日となっています。JR東日本盛岡支社は「新型コロナウイルスの収束が見通せず、外出を控えている利用客が多い」と分析しています。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース