X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

新型コロナ 中心部の飲食店対象に職場接種/岩手・盛岡市

2021年07月20日 19:00

 盛岡市の大通などの中心商店街で飲食店従事者を対象としたワクチンの職場接種を実施することになりました。

 盛岡大通商店街組合の若手有志でつくる「大通・飲食店ワクチン職域接種推進実行委員会」は盛岡市大通、中央通、菜園、開運橋通りおよび桜山地区の一定エリアにある飲食店およそ1000店の店頭で勤務する人を対象に職場接種を実施することになりました。
 19日に厚生労働省から1000人分のワクチン確保について通知があったということで、希望者が1000人を超えた場合は抽選となります。8月中に1回目の接種が行われる見込みです。
 20日は実行委員会が市内の中華料理店の組合などに職場接種のチラシを配布していました。

(岩手県中華料理生活衛生同業組合事務局 菊池葉子さん)
「大変助かります。やはり組合員からそういう声が挙がっていたので本当に若い組合員さんたちは願ったり叶ったり大変助かります」

 実行委員長を務める内舘茂さんは今回の職場接種が中心部のにぎわい再生につながることを期待しています。

(内舘茂 実行委員長)
「夜は本当に人がいないです。飲食店の皆さんが堂々と営業できるようにそして市民の皆さんが安心して大通にくることができる」

 このほか20日は、いわての飲食業界を守る会やまちづくりにかかわる地域商社manordaいわてを中心に結成した団体、「Go2ワクチンSaveモリオカ」も市内で職場接種を行うと発表しました。
 対象となるのは盛岡駅前通、本町通、八幡町、鉈屋町などを囲むエリアで飲食業や小売業に従事するおよそ1000人です。22日午前9時から予約の受付を行い、来月中旬以降に、1回目の接種を行う予定です。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース