X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

厳しい暑さ続く 猛暑日予想のところも 熱中症に注意/岩手

2021年07月20日 12:00

 岩手県内は20日も朝から気温が上がっていて4日連続での猛暑日予想となっています。引き続き、熱中症に注意が必要です。

 県内は20日も太平洋高気圧に覆われ、南から温かい空気が入り込んでいるため朝から晴れて気温が上がっています。午前11時までに一関で34度、奥州市の江刺で33.9度をすでに記録しています。
 盛岡市内では道行く人たちが水分を補給したり日傘をさしたりして暑さをしのいでいました。

「大変去年より暑い、もう夜も眠れない」

 大船渡市も午前中すでに30度を超えていて、漁港には海風が入るものの焼けつくような日差しが容赦なく照り付けていました。

(漁船の乗組員)
「いきなり暑くなってきたんで、気を付けながらやっている感じです」

 日中の最高気温は盛岡で36度、一関で37度など猛暑日予想で、引き続きこまめな水分補給と室内ではクーラーを使用するなど熱中症対策が重要です。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース