X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

「復興の星」10年~トヨタ東日本が新型車発表/岩手・金ケ崎町

2021年07月19日 19:00

 岩手県金ケ崎町のトヨタ自動車東日本岩手工場で生産されているハイブリット車「アクア」の新型車が19日発表されました。「復興の星」と呼ばれた岩手生まれの自動車が震災から10年を機に新たな姿を現しました。

(ファンファーレ~除幕)

 19日発表されたのはトヨタ自動車のハイブリット車「新型アクア」です。広く親しまれるシンプルなシルエットに高級感あふれるインテリア、今回新たに4WDも仲間入りしました。アクアは2011年12月に発表されて以降、すべてを岩手で生産しています。世界で累計187万台を売り上げ、岩手の復興を産業面からけん引してきました。
 19日はトヨタ自動車東日本岩手工場でトヨタ車の販売店でつくる岩手県トヨタ八社会が発表会を開きました。
 トヨタ自動車東日本岩手工場の永坂雅彦工場長からトヨタ自動車の美根隆男地域駐在員、岩手県トヨタ八社会の元持雅行会長へと新型車のレプリカキーが手渡されました。

(リポート)
「滑るように走り出しました。今はバッテリーとモーターの力で走っているのですが、本当になめらか。速度を結構上げてもバッテリーの力で走っていますね」
「隣にある駐車スペースを認識したということですね。ハンドルも触れていません。アクセルもブレーキも踏んでいません。さっき認識した駐車位置に自動で車庫入れしてくれています。僕がやるよりずっと上手い」

 岩手生まれのコンパクトカー、新型アクアは全国で月に9800台の販売を目標にしています。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース