X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

ニュース

いじめ、嫌がらせ・・・労働トラブル相談が過去最多 昨年度/岩手

2021年07月19日 15:50

 岩手労働局が昨年度受け付けた職場でのトラブルに関する相談件数は3633件で、過去最多となりました。

 岩手労働局は、労働者と事業主との間の争いごとを解決するため労働相談を受け付けています。昨年度1年間に寄せられた個別労働紛争に関する相談は、2001年度の受け付け開始以来最多の3633件となりました。3年連続で3600件を超える高い水準です。
 内容はパワハラなど「いじめや嫌がらせ」が1228件と全体の3割近くを占めました。相談のうち、労働局長が助言や指導を行った事例は62件でした。
 また、育児・介護休業法に関する相談件数は520件と前年度から1.5倍以上に増加していて、育児休業や育児に関連した不利益な取り扱いに関する相談が増加しました。
 総合労働相談コーナーは、岩手労働局と県内の労働基準監督署に設けられています。

動画再生について
  • 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  • 1週間分の記事を閲覧することができます。
  • このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。

最新ニュース