X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

児童福祉施設職員へ定期的にPCR検査開始/岩手・盛岡市

 2021年06月04日 16:00 更新

盛岡市は新型コロナウイルスの患者を早期に発見し、幼児や児童への感染拡大を防ぐため、児童福祉施設などで働く職員を対象としたPCR検査を始めました。

盛岡市内の児童福祉施設で4日始まったPCR検査では、唾液を使った検査キットが使われています。検査の対象となるのは保育所や認定こども園、それに児童センターなど盛岡市内の259施設で働く3846人です。

施設を5つのグループに分けて、民間の検査機関が日替わりで検査キットの配布と回収を行い、1週間に1回程度の検査を感染拡大が収束したと判断できるまで継続します。

盛岡市は高齢者施設の職員に対し、網羅的な検査を先月31日に始めていて、新型コロナウイルスから高齢者と子どもを守る取り組みの確立を目指します。

次回のニュースエコー

岩手のニュースをわかりやすくお伝えします

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。