X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

新型コロナ 10人感染確認 新たな変異増加傾向/岩手

 2021年04月08日 19:00 更新

岩手県と盛岡市は8日、新たに10人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。またイギリス型ウイルスとは異なる、新たな変異が増えている傾向が明らかになりました。

新たに感染が確認されたのは盛岡市や奥州市、一関市、それに中部保健所管内、奥州保健所管内に住む10歳未満から60代の男女10人です。いずれも重症ではありません。

このうち盛岡市の30代女性は中央卸売市場に勤務している盛岡市の職員で、クラスターが発生した盛岡市内の教育保育施設に子ども2人が通っていました。ただ子ども2人からはウイルスが検出されていません。ほかの人に感染させる可能性のある期間中、女性は自宅待機中だったたため、盛岡市は職場での感染の広がりについては可能性が低いとみています。現在、感染の経路を調べています。

また中部保健所と奥州保健所管内の40代、50代の会社員3人は、今月2日と4日に同じスポーツをしていて、その際に感染が拡がったのではないかとみられています。

一方で8日は既に入院中の患者1人が重症となったことが発表されました。現在、県内の重症患者は1人です。

ところでウイルスが検出された検体を国立感染症研究所に送り行っている定期検査で、先月公表分の検体40件のうち31件が、国内で最近多く確認されている「E484K変異ウイルス」と呼ばれるものであったことが明らかにされました。

この変異ウイルスについてはイギリス型ウイルスのように、感染力が強いなどの特徴は示されていないということです。

(岩手県保健福祉部・工藤啓一郎理事心得)
「『E484K』については、対応は他の今までのウイルスと変わらない。ことさら慌てる必要は無いと思っています。株がこれまでの株から切り替わってきているのだろうと思います」

県内の患者の累計は732人となりました。

今日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2021/04/16 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。