X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

新型コロナ まん延状態の場合の対応を確認/岩手・盛岡市

 2021年02月20日 12:00 更新

医師や学識経験者などで作る岩手県の新型コロナウイルス感染症対策専門委員会が19日夜開かれ、今後、県内で感染がまん延する状況になった場合の対応を確認しました。

会議では県内のPCR検査の体制がひっ迫した状況になった場合は、複数人の検体をまとめて検査する「プール検査」を実施することを確認しました。

(岩手医科大学・櫻井滋教授)
「もうひと頑張りですね。ワクチンが行き渡るまでの間は今までの岩手のやり方をしっかりと踏襲していただくと、おそらく『まん延期』にならずに済むと思っています」

会議後、岩手医科大学の櫻井滋教授はこのように述べ、県内の感染は一定程度抑えられていると評価しました。

今日のニュースエコー

新型コロナ▽卒業式▽震災10年(6)避難へ備え続ける ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2021/03/01 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。