X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

暴風雪警報解除 今後も大雪などに注意/岩手

 2021年01月08日 12:00 更新

急速に発達した低気圧の影響で、岩手県内では7日夜から8日未明にかけて、雪を伴った強い風が吹き、一時、暴風雪警報が発表されました。暴風雪の恐れはなくなりましたが、今後も大雪などに注意が必要です。

県内では7日夜から8日未明にかけて各地で吹雪となり、沿岸と内陸の一部に一時、暴風雪警報が発表されました。最大瞬間風速は遠野で27.2m、盛岡で25.4mなどを記録しました。午前6時までの24時間に降った雪の量は雫石で30センチ、二戸で26センチ、盛岡で13センチなどとなっています。暴風雪警報は未明にすべて解除されています。県によりますと、暴風雪によるけが人や住宅への被害はありませんでしたが、倉庫として使われている旧久慈消防署種市分署のシャッターが破損しました。また東北電力によりますと、一関市と花巻市でのべ1100戸あまりが停電しました。大船渡港では7日午後9時半ごろ、福岡県のコンテナ船が強風にあおられカキの養殖いかだに乗り上げました。釜石海上保安部によりますと、けが人や油の海への流出などは確認されていないということです。交通機関にも影響が出ています。JRは東北新幹線が、電力を供給する架線の凍結のため盛岡と仙台の間で一時運転を見合わせました。午前10時過ぎに運転再開しましたが、現在も遅れが出ています。また北上線と花輪線は、8日は終日運休し運転再開は9日昼以降の見込みです。八戸線は8日昼頃まで運転を見合わせます。県内では内陸で今後も断続的に雪が降り、大雪となるところがある見込みで、盛岡地方気象台は注意を呼び掛けています。

今日のニュースエコー

新型コロナ情報▽美容院の感染症対策▽ワクチン接種へ ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2021/01/26 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。