X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

新型コロナ情報発信アカウント 専門学校生がデザイン検討/岩手

 2020年11月17日 18:55 更新

岩手県は新型コロナウイルスに関する情報を発信している無料通信アプリ「LINE」の公式アカウントのデザインについて、リニューアルを予定しています。若い世代にもより利用してもらおうと、盛岡市の専門学校生と共同で進めています。

17日は、盛岡情報ビジネス&デザイン専門学校でリニューアルを検討するための最初の授業が行われ、1年生22人が参加しました。授業では新型コロナウイルス関連の情報を発信する県の公式LINEアカウントのメニュー画面について、新しいデザインを考えます。若い世代にも新型コロナウイルスに関する情報を見てもらおうと、県が専門学校に依頼して実現しました。県は新型コロナウイルスに関する情報を4月下旬からLINEで発信していますが、フォロワー7万8000人あまりのうち登録割合が最も高いのは50代以上で37%、10代と20代はわずか14.5%でした。17日は県の職員が新型コロナウイルスの情報を発信する公式アカウントの概要を紹介し、生徒たちはグループに分かれて現状のデザインの課題を話し合いました。

(生徒)
「安心できるような優しい雰囲気とかを混ぜながら作っていきたい。若者にも登録してもらえるようなデザインを考えたい」

(県医療政策室・山田翔平医療情報課長)
「ぜひとも若い人たちの意見を取り入れながら、県民の全世代から必要とされるようなLINEアカウントにできれば」

この授業は来月中旬まで10回行われ、来月下旬から生徒たちが考えた複数のデザイン案をLINEで公表。来年1月下旬をめどに最も票数の多かったデザインでリニューアルする予定です。

今日のニュースエコー

新型コロナ▽消防団員の生きた証を▽神社で正月準備 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2020/12/02 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。