X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

県産牛肉の消費を応援 福田パンといわて牛がコラボ/岩手

 2020年06月25日 19:00 更新

盛岡市のソウルフードの福田パンといわて牛がコラボレーションです。新型コロナウイルスの影響で消費が落ち込む岩手県産牛肉を使った新商品が来月、福田パンから発売されることになりました。

25日は福田パンの福田潔社長や生産者の中村鉄男さんらが出席して発表会が行われ、関係者に商品がお披露目されました。来月、福田パンから発売される新商品は「いわて牛焼肉こっぺサンド」です。この商品は新型コロナウイルスの感染拡大により、消費が落ち込む県産牛肉や牛肉生産者を応援しようと開発されました。おなじみのコッペパンにしょうゆベースのタレで焼き上げたいわて牛と県産のタマネギ、それにレタスがサンドされています。

(リポート)
「こちらの断面からも具材がたっぷり詰まっているのがわかります。いただきます。いわて牛がとても甘くて柔らかくておいしいです。レタスとタマネギとの相性も抜群です」

県によりますと、東京都中央卸売市場での県産牛の枝肉の平均価格は、去年5月が1キロあたり2548円だったのに比べて、今年5月は2079円とおよそ18パーセントも値下がりしているということです。

(いわて牛生産者・中村鉄男さん)
「(新型)コロナ(ウイルス)が流行って肉が動かない(売れない)。これで消費が伸びてもらえれば流通が回ると思いますので、ぜひ皆さんに食べていただきたいと思います」

いわて牛を使った新商品は来月4日から、県内に3か所ある福田パンの直営店で買うことができるほか、県主催のイベントでも販売されるということです。

今日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2020/07/15 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。