X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

円形の交差点「ラウンドアバウト」供用開始 県内2例目/岩手・大船渡市

 2020年03月26日 18:54 更新

岩手県内で2例目となる円形の交差点=「ラウンドアバウト」が大船渡市に整備され、26日、供用が始まりました。

ラウンドアバウトが整備されたのは大船渡市末崎町の県道です。供用開始初日の26日は、通勤や送迎など朝から多くの車が慎重に円形の交差点に進入し、警備員の助けを得ながら目的の場所を左折していました。ラウンドアバウトは「環状交差点」とも呼ばれる信号機がない円形の交差点で、県内では宮古市鍬ヶ崎のものに次いで2例目です。こちらのラウンドアバウトは直径30メートル、道幅が5メートルで右回りの一方通行。輪の中を走る車が優先で、徐行して輪に進入します。この交差点は以前は変則的な五差路になっていました。付近には小学校や保育園もあることから安全性の向上を考え、5つの出入り口があるラウンドアバウトに変わりました。現場の警備員によりますと、誤って逆走してしまう人もいるので周知が必要だということですが、26日朝は多くの車が慣れないながらもルールに沿って走行していました。

(ドライバー)
「わかりづらいです、なんか新しくなったのでちょっとわかりづらかったですね」
「信号がなくていい。まっすぐ来れるから。(ぐるっと回るようなところはありますけど)でもやっぱり信号がないからいい」

ラウンドアバウトは信号機がないために、災害などで停電になった際も渋滞を防げるほか、出会い頭の事故を防ぐ効果も期待されています。

明日のニュースエコー

県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2020/04/10 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。