X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

三陸鉄道 新人運転士に免許証/仙台市、岩手・宮古市

 2020年01月14日 18:54 更新

台風19号による被害から立ち上がろうとしている三陸鉄道に新たな力が加わりました。三陸鉄道で列車運転の訓練を積む男性社員に14日、東北運輸局から鉄道の運転免許が交付されました。

三陸鉄道の新たな運転士となったのは、金澤鉄平さん(39)です。金澤さんは14日午後、仙台市で行われた交付式で、東北運輸局の藤井敦次長から免許証を受け取りました。宮古市出身の金澤さんは、以前は地元のレンタルビデオ店で働いていましたが、宮古の観光を盛り上げる仕事がしたいと一念発起し、おととし9月、三陸鉄道に入社しました。台風19号の影響で訓練運転ができる区間が限られた状況でしたが、去年行われた筆記試験と技能試験に合格し、晴れて免許取得となりました。

(金澤さん)
「きょうの気持ちを忘れずに、安全運転を心がけて早く一人前の運転士になれるように頑張りたいと思います。応援してくださっている方々がたくさんいるというのを忘れないように、皆さんとともに歩んでいけたらと思っています」

金澤さんは運転士の卵として研修を続け、早ければ3月にも運転士デビューする予定です。

その三陸鉄道では、2日後の陸中山田ー津軽石間の運行再開に向けて14日、営業車両を使った確認走行が行われました。モーターカーを使った13日の安全確認に続くもので、踏切で警報機や遮断機が正常に動くかどうかなど時速25キロほどの速度で車両を走らせながら確認しました。

(三陸鉄道・金野淳一運行本部長)
「確認列車ということでゆっくり走ってきたが、特に異常は見られないので、このまま順調に16日の運転再開に向かえるんじゃないか」

三陸鉄道は陸中山田と津軽石の間が16日運行再開し、その後3月20日に全線で運行再開の予定です。

明日のニュースエコー

アウトドア用車いす導入▽釜石出身J1・菊池流帆選手 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2020/01/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。