X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

台風19号被害から3か月 地域の安全への道筋は?三陸鉄道は?/岩手・山田町、宮古市

 2020年01月13日 18:54 更新

台風19号により県内で被害が発生してから3か月となりました。被害が大きかった沿岸部では家屋の修復にめどが立った世帯がある一方で災害から地域を守る道筋が示せていない地域もあります。

山田町船越の漁師・下村義勝さん(76)。下村さんは台風19号の水害で被害を受けた自宅のうち、先月、どうにか住める半分を修復しました。下村さんの自宅がある田の浜地区では、津波を防ぐ目的で震災後に造られた防災公園の堤防が想定外の大雨で排水機能を失い、山から押し寄せた水を堰き止め82戸が浸水被害を受けました。堤防から50メートルほどの場所に立つ下村さんの自宅は全壊判定。床面が低く被害が大きかった海側の部分は解体する方向で調整を進めています。

山田町では去年11月28日に田の浜地区の水害に関する検証委員会を設け、大きな被害が出た原因や望まれる復旧方法などについて今年度中に町に提言を行うことになりました。それは「提言が行われるまで堤防の復旧や改善は手つかず」ということでもあります。

(妻・房子さん)
「トラウマになってしまったのかな?雨が降ると何回も何回も目が覚めて」

真新しい畳の上でも、時おり本音がこぼれます。

(下村義勝さん)
「どのような方法でできるのか?なるのか、ならないのか」

「津波」と「土砂災害」。平地の少ない沿岸部でどのようなインフラであれば地域の安全を守ることができるのか?答えはまだ出ていません。

一方、13日、台風19号で甚大な被害を受けた三陸鉄道では3日後の陸中山田ー津軽石間の運行再開に向けた安全確認運転が行われました。このうち、台風19号で路盤が流失した宮古市の第一釜石街道踏切付近では、小雪が舞う中モーターカーが時速10キロから15キロ程度のゆっくりした速度で通過しながら安全を確認していました。そしておよそ2時間かけて陸中山田駅に到着しました。三陸鉄道によりますと、13日の確認で異常は見つからなかったということです。

(町民)
「待ち遠しいですね。お客様も相当望んでますから」
「(三鉄再開で)もう少し活気のある山田町になってほしい」

三陸鉄道は16日、陸中山田ー津軽石間17.3キロが復旧し、全長163キロのうちおよそ6割で運行が再開されることになります。

明日のニュースエコー

アウトドア用車いす導入▽釜石出身J1・菊池流帆選手 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2020/01/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。