X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

大雪の中 女性が主体の伝統「平笠裸参り」/岩手・八幡平市

 2020年01月08日 18:54 更新

降りしきる雪の中、8日、八幡平市では全国的にも珍しい女性が主体で行われる伝統の「平笠裸参り」が行われました。

(ほら貝)

平笠裸参りは江戸時代中期に岩手山の噴火が鎮まることを願って男性だけで始まったと言われています。その後、戦時中に出征した夫や息子の武運長久を祈ろうと、地域に残った女性たちが引き継いで行うようになり、その流れが今も続いています。

(リポート)
「降り積もる雪の中、男性の方は裸、女性の方は薄い白装束を身にまとって街の中を練り歩きます、見ている私も気が引き締まる思いです」

今年は小学校1年生から60代までの男女35人が参加。魔よけとされる「咥え紙」を口に、上り旗などを携えてほら貝の音を合図におよそ8キロの道のりを練り歩きました。

(参加者)
「今までで一番つらいです、濡れて寒いです」
「寒かったけどいろんなお家を回って健康などを願ってこられたので良かったです」

(見物人)
「今年はほんとにすごい雪で本格的な裸参りっていう感じ、良い裸参りじゃないでしょうか」

参加者たちは一歩一歩踏みしめながら家内安全や無病息災を祈っていました。

月曜日のニュースエコー

アウトドア用車いす導入▽釜石出身J1・菊池流帆選手 ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2020/01/20 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。