X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

禁止薬物問題の岩手競馬 今月7日にレース再開へ/岩手

 2019年12月04日 18:54 更新

競馬競走馬から禁止薬物が検出された問題で取りやめとなっている岩手競馬が再開されます。岩手県競馬組合は、全頭検査の結果、問題がなかった馬だけで今月7日からレースを再開すると発表しました。

県競馬組合は4日、岩手県庁で会見し、レースを再開することを明らかにしました。

(県競馬組合・内宮明俊副管理者)
「再発防止対策の再点検、見直しを行ったということで、今週の土曜日、12月7日から競馬を再開することとしたところです」

岩手競馬は、先月10日に2着となった馬から禁止薬物のボルデノンが検出されたことを受けてレースが取りやめとなっています。また全頭検査の結果、この馬と同じ厩舎所属の他の2頭と別の厩舎所属の4頭からもボルデノンが検出され、禁止薬物の陽性馬は昨シーズンからあわせて12頭となっていました。当初は6日までとしていた全頭検査は2日までに完了していて、他の馬から禁止薬物は検出されませんでした。県競馬組合は、盛岡・水沢の両競馬場の厩舎の警備員の増員と監視カメラの増設をすでに行っています。レースは検査で陰性だった馬のみで編成し、禁止薬物が検出された2つの厩舎の馬は7日から9日のレースの出走を見送ります。

(県競馬組合・内宮明俊副管理者)
「これまでも陽性馬の発生を防ぎきれなかったということはございますけども、まずは現時点で取りうるべき対策は講じたということでスタートしたい」

禁止薬物が検出された原因の特定にはいまだ至っておらず、競馬の公正性の確保のためには原因究明と効果のある再発防止策が求められます。県競馬組合は、これまで行われていなかった馬が食べるエサの抜き打ちでの調査の実施に向けても調整を行っています。

今日のニュースエコー

震災8年9か月▽鵜住居に活気を▽この一年(3)スポーツ ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/12/11 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。