X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

高校生が「林業体験」/岩手・住田町

 2019年12月03日 18:54 更新

「森林・林業日本一のまち」を掲げる住田町の高校生たちが3日、地元の林業を体験しました。林業で使う重機を実際に操作することで職業としての林業に触れることが目的です。

林業体験を行ったのは住田高校の1年生34人です。3日は住田町下有住地区にある気仙地方森林組合が管理する山林を訪れました。

(森林組合の職員)
「なぜ間伐作業をするかというと間伐作業をすることによって木を太らせる、それから木を成長させる。成長することによって水源涵養、洪水を防止したり、あとは土砂災害を防いだり…」

生徒たちは森林組合の職員から木を間引く間伐作業の大切さについて説明を受けた後、作業で使う重機に乗り込み、操作を体験しました。操作したのは運搬しやすい大きさに木を切る重機や運搬車に木を積むための重機などです。生徒たちは初めて見る重機に緊張しながらも一生懸命、操作していました。

(生徒)
「初体験でとても楽しかったです」
「意外と簡単にできそうでびっくりしました。もっと難しいかなと思ってたんですけど。(意外と簡単でしたか?)意外と簡単でした」

体験会は県や林業に従事する人たちで作る気仙地方林業振興協議会が職業としての林業に触れてもらいたいと初めて企画しました。

(高芝俊雄課長)
「このような機会を通じて最先端の林業のかっこよさ、そして地域の先輩方が働く姿を見て将来自分たちが就職を考えるときにその選択肢の一つとして考えてほしいと思います」

林業の仕事に触れた高校生たちは山や自然を守ることの大切さを改めて認識していました。

今日のニュースエコー

震災8年9か月▽鵜住居に活気を▽この一年(3)スポーツ ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/12/11 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。