X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

台風被害の高田松原マツ苗木 復旧急ぐ/岩手・陸前高田市

 2019年11月06日 18:54 更新

東日本大震災の津波で壊滅した陸前高田市の松林を再生しようと植樹された苗木が、先月の台風19号で倒れるなどの被害に遭いました。マツの再生に取り組むNPO法人は復旧を急いでいます。

「これが高田松原の津波前の松ぼっくりの種から育ったマツ苗です。この間の台風19号で、このように倒れたんです」

台風19号による被害を語るのは、陸前高田市のNPO法人「高田松原を守る会」の鈴木善久理事長です。震災前およそ7万本の松があったとされ、「白砂青松」と謳われた高田松原。その松林は東日本大震災でわずか1本を残して失われてしまいました。松林再生のため2017年から鈴木さんたちが行ってきた8900本に及ぶ苗の植樹。その大切な苗木のおよそ5割が先月の台風19号で倒れたり、大きく傾いたりしました。6日は鈴木さんら会の理事3人で傾いた苗木を修復する作業を行っていました。

(鈴木善久理事長)
「心配しながら13日に来てみたら、倒れているマツ、斜めになっているマツがたくさんあって本当に驚きました。このマツを早く立てて枯れないうちにちゃんと支柱を立てて、そうしなければならないと思いました」

再生に向けたマツの被災…。高田松原を守る会はボランティアとともに今月から週末を中心に苗木の復旧を行っていて、年内を目標に作業を終えたいとしています。

今日のニュースエコー

北京の小学生と交流▽マルカン大食堂×エーデルワイン ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/11/22 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。