X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC NEWS

IBC NEWS

砂漠化進むアフリカの「今」伝える授業/岩手・盛岡市

 2019年11月06日 18:54 更新

アフリカで起きている砂漠化とそこで続けられている支援活動。環境ボランティア活動に取り組むNGO団体の担当者が盛岡の小学校を訪れ、特別授業を行いました。

「砂漠化が進むとどうなるかというと…こういう風景になります。(エー)本当に緑がないでしょう」

盛岡市の桜城小学校で講演したのは、砂漠化が進むアフリカの国々で30年近くに渡って環境ボランティア活動を行っているNGO「緑のサヘル」の事務局長で、盛岡市出身の菅川拓也さんです。6日は5年生68人を前に、病気になる危険を冒しても汚れた水を飲むしかない現地の実情と、そうした中でも活動の継続で緑を植える必要性が現地の人に根付いている事例を紹介しました。一時間の講演会は話し手・聞き手双方に響きあいました。

(児童)
「本当に深刻に考えなければいけないと感じました」
「食べ物を大切にして、小学生でもできることをやろうと思いました」
「大変な思いをしてるけど、優しい人たちがいると分かりました」

(菅川拓也さん)
「素直に話を聞いてくれますし、一枚一枚の写真に歓声を上げたり。もっと頑張らなければと素直に思える」

今回の講演を受けて、桜城小学校では「自分たちに何ができるか」をクラスで話し合うことにしています。

今日のニュースエコー

北京の小学生と交流▽マルカン大食堂×エーデルワイン ほか県内のニュースを、いち早く、分かりやすくお伝えします。

[2019/11/22 放送予定]

最新ニュース

動画再生について
  1. 再生マークがついている画像をクリックすると動画が再生されます。
  2. 1週間分の記事を閲覧することができます。
  3. このWebサイト上の文書、映像、写真などの著作権は、株式会社IBC岩手放送に帰属します。これらの著作物の全部または一部をIBC岩手放送の了解を得ずに複製、放送、有線送信などに使用することは著作権法で禁じられています。